ぶれない軸〜葛西臨海公園クリスタルビュー〜

f:id:maezy3:20181128103602j:image

東京の江戸川区にある葛西臨海公園に世界的建築家・谷口吉生さんが設計したクリスタルビューという建築があります。

谷口さんの建築では珍しく、外観全てがガラス張りになっています。

ここでは、そんな谷口さんが考えたアイデアについて学んでいくことにします。

 

◾️都市軸を考える

葛西臨海公園駅の改札を出て海側へ歩こうとすると、メインストリートの軸が真っ直ぐ海に向かって延びていることがわかります。

f:id:maezy3:20181128195248j:image

そしてその軸線の先には、海に向かって開けた大きな開口が開けられています。

この手法は、谷口さんの広島にある清掃工場でも行われていますが、とても美しく人々の記憶に残る印象的な手法ですね!

なんだか訪れた自分も、この独特な光景を見ると綺麗に整っていることで街自体が美しく感じ、この軸の先には一体何が待ち受けているのか気になり、先に進むのがとても楽しみになります^ ^

 

◾️開かれた展示空間

クリスタルビューは東西南北全面がガラス貼りになっています。

内部は展示空間になっていて、スロープで上り下りできるようにもなっています。

そのおかげで自然豊かな公園内の景色と美しい海を眺めながら、建物内を回遊することができます^_^

 

◾️入れ子構造

クリスタルビューは斬新なデザインですが、実はとてもシンプルな構成になっています。

内部にコンクリート構造のかたちがあり、その周りにスロープや階段などの移動空間が作られています。

そしてその構造体を囲うようにガラスボックスが作られています。

とても明快で美しい建築に仕上がっていて、見惚れるばかりです^ ^


f:id:maezy3:20181128195350j:image