建築設計に役立つブログ

建築設計に役立つ情報を発信していきます

両入隅の壁をデザインアクセントとして見せる

f:id:maezy3:20211016164836j:image

LDKなどの大きな部屋の場合、全面真っ白な空間もすてきですが、それだと物足りない方にとっては壁一面だけ色や素材を変えてあげるだけで雰囲気が変わります。

↑写真のアクセント素材はエコカラット

ちなみに色が他の壁面と異なるだけでも、空間の雰囲気が大きく変貌します。

f:id:maezy3:20211017191229j:image

ただ注意点としては、壁材を貼るだけだったり同じ面で分けてしまうと、雑に見えたり安っぽい印象を与えてしまいます。

なのでアクセントに選ぶ場所は壁の両側に壁がある部分を選ぶことで綺麗に見切ることができます。

▪️フカシ壁をつくって見切る

f:id:maezy3:20211016223222j:image

この写真のように片側に壁がない時は壁を柱型にフカすことでアクセント部分を作り出すことができます。

▪️壁を一部凹ませて見切る

f:id:maezy3:20211022125042j:image

この写真は壁を一部凹ませています。凹ませた部分にタイルを貼ることでアクセント部分を美しく見せることができます。

▪️まとめ

素晴らしい絵画には額縁があるように、家づくりでもただいい物を貼るだけではなく、アクセント部分の額縁となる場所を最初に設けてあげることも大切です。

良かったら参考にしてみて下さい。