公園のように誰でも入ることができる〜横浜港大桟橋国際船ターミナル

f:id:maezy3:20181204150008j:image

横浜にある大桟橋国際船ターミナルです。日本ではあまり見かけないタイプの建築で、壮大かつ斬新なデザインが印象的です。見た目からして面白さが伝わってきますね^ ^

この建築は1995年に国際コンペが行われ、ザエラ・ポロ氏とファッシド・ムサビィ氏の案が見事に選ばれました。

少し日本人離れしたデザインだと感じたのは、そのためだったんですね^ ^

そんな気持ちを高ぶらせてくれるこの建築の魅力についてみていきましょう!

 

◾️自然界のように波打つ床

この建築の屋上は全てテラスになっていて、床は木板で作られています。床は所々でうねっていたり坂になっています。

テラスには所々に芝生が植えられていて、海の近くとは思えないほど素敵な憩いの空間となっています。

木板を踏む時に鳴る独特の音を聞きながら起伏のあるテラスを歩いていると、なんだかとても爽やかな気持ちになります♪

f:id:maezy3:20181204170721j:image

 

◾️360度に広がる壮大な景色

何より圧巻なのは、ここでは360度全方向から横浜の美しい景色を眺められることです。ランドマークタワーや赤レンガ倉庫、ベイブリッジなど横浜に広がる贅沢な景色を楽しむことができます。

f:id:maezy3:20181204171543j:image

f:id:maezy3:20181204171625j:image

昼間も絶景ですが、夜景も見てみたいところですね。。デートスポットとしても最適な気がします笑

 

◾️公園のような建築

この建築の素晴らしいところは特に入場規制等はされていないので、いつでも誰でも立ち入ることができます。

そのスタイルはまさに住宅街にある公園のようですね!そんな建築を創るという心意気が横浜にはあるから、この街は長く愛されるのかも知れないですね^_^

f:id:maezy3:20181204231317j:image

まるで大型客船の外部デッキで過ごしているかのよう。。